色々なものに押せるお名前スタンプ

保育園や幼稚園の入園前や、小学校の入学前になると大量にやらなくてはならないのが名前付けです。以前は全てに手書きで書いていた事ですが、今では便利になりお名前シールやお名前スタンプを利用している方が多くなりました。ただ、両方揃える必要はないので、お名前シールとお名前スタンプではどちらが便利なのかそれぞれメリットやデメリットを解説していきます。またそれぞれのおすすめや、きれいに貼ったり押したりするコツもお話しします。最初に名前付けと言うと浮かべるのはお名前シールの方かも知れません。防水タイプならお弁当箱や水筒などにも貼れるのが便利です。またデザインが豊富でカラフルな為、一つのマークに決めておくと、まだ文字が読めない園児でも自分の物がどれなのかと分かりやすいのも利点です。

必ずしもメリットばかりではないので注意する

お名前シールと言っても、既製品であれば同じクラスの子とかぶってしまう可能性はあるので、そういった場合は混乱してしまう可能性もあります。更に保育園や幼稚園などで特定のマークがある時にも、自分の物がどちらなのか分かりにくくなってしまうかも知れません。そしてセットでシールを購入すると必要のないサイズばかりが最終的に余ってしまう事もあります。次にお名前スタンプですが、こちらは漢字指定にももちろん対応できますし、紙製品や先ほどの様にお弁当箱や水筒に、シールでは対応が難しい布の製品にも押すことができます。プラスチックの製品に押したものなら、洗剤で洗ったり食洗器にかけたりしても落ちにくいのも利点です。ただタオル地などには押しにくく洗濯で落ちてしまいやすいので、タグ部分に押すのがおすすめです。

手書きも併用しつつスタンプを長期間

それ以外にもお名前スタンプは、クレヨンやマジックペン、鉛筆などのような細かい物にも最適です。そして保育園だと低年齢から預ける場合もあり、オムツ1枚1枚に名前を書いて持って行かなくてはならないなんて事もあります。そんな時ポンポンと押せるお名前スタンプは重宝するのです。お名前スタンプの場合、いくつかの大きさがセットになっての販売が多く、苗字と名前で別のスタンプも作る事ができます。この苗字のみのスタンプは、小学校入学後に活躍する場があるので、長期で使用できる事から見てもスタンプをおすすめします。ですが、名前付けの際には油性ペンと水性ペンも用意しておくようにして下さい。必ずと言っていいほど出掛けに「名前が付いていない」という事態がやってくる可能性がある事、一つや二つパッと名前を付ける時には書く方が早いという事が理由です。